ヘルンディーノ帰宅

Gerndino修理からヘルンディーノが、数日前に戻ってきました。

中途半端に接着剤みたいなもので、補修してあったものを、きれいに取ってもらって、付け直してもらいました。

修理代は2万円。

まあ妥当な値段でしょう。

ブリッジ下方の表面板の軽い「たわみ」までは、直っていないけど、まあしょうがないかな。

このギター、弾けば弾くほどガンガン鳴ってくれます。

弾き方や奏者を選ぶギターなのかな?

それにしても表面板が薄いよなあー。「たわみ」が出来てるのも納得。

恐らくギリギリ設計と思われるので、取り扱いには注意しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です