マリア・バラ

Diego del Morao enペーニャ・ソルデラに初めて行ってきました。

プログラムは急に決まったみたいで、前日ポスタ-が貼ってあるのを見て、知りました。

1部、2部共に伴奏は、ディエゴ・デル・モラオ

1部のカンテはルイス・ モネオに変わりホアキン・ サンボだった。

ホアキン・サンボは、サンティアゴのバル・アルコの斜め前で、魚屋さんをやられています。

一度、冷やかしのつもりで、その魚屋に入って失敗しました(笑)

狭~い店内で、魚が入っているケースの向かいに、愛想笑いしているホアキンが立っていました。

雰囲気的に、このまま何も買わずに帰ることは出来なさそう・・。

ばってん、ハエがたかっている既に白~くなっているイカしかケースに入っていません。

蛇に睨まれた蛙状態になって、そのイカを買って帰りました。

そのホアキン!マラゲーニャが良かったかな?

2部はマリア・バラになっとった。

ヘレス人の友達のN君曰く、「マリア・バラはよかばい」とのこと。

どこかで聞いた名前だと考えていたら、

「あ、モライートのソロアルバムで唄ってた人やん!」と思い出しました。

マリアはソルデラの妹でもあります。)

マリアはソレア、タンゴ、ファンダンゴ、ブレリア×2唄いました。

どれも最高でした。

↓の音源は最初のブレリア。

周りの親衛隊おばちゃん達のハレオがものすごく良くて、後にも先にも一番記憶に残っているブレリアです。

ちなみにマリアは素人のおばさんなんで、この後何回かライブやペーニャで聞きましたが、音程はずしまくりで、いまいちばかりでした。

この日の彼女のカンテがベストでした。

(2002年12月2日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です